のすけパパ

1965年生まれのおじさんです。

47歳(2013年)の時に、動脈解離から脳幹梗塞を発症して「ワレンベルグ症候群」になりました。
後遺症として嚥下障害、歩行障害、温痛覚障害、視床痛、灼熱痛があり、日夜後遺症と戦っています。
それでも、たくさんの方に支えていただき社会復帰もできました。

病気になって、自分の気持ちをどう整理して行くかがテーマです。

仕事はIT関係なのでPCやガジェット系が大好き。
このブログもWordPressで作成しました。

家族は妻と息子が1人で、仲良く暮らしています。

嚥下障害となった今、ささやかな夢はラーメンを食べてビール飲むことです。