タリージェとリリカ

視床痛治療薬としては比較的メジャーな「リリカ(プレガバリン)」を始めて一か月ほど過ぎましたので、タリージェ(ミロガバリン)との比較を書きたいと思います。

この記事を皆さんに読んで頂くにあたり、始めにお断りしておきたいことがあります。
これはわたしが実際に薬を使用してみて書いたものですが、わたし個人の(ひとりの)データであり、当たり前ですが書いていることがすべての方に当てはまるとは限りません。
特に薬の効果(効き目)については、客観性が乏しいと言わざるをえません。
視床痛は天候や自身のストレスなどによって、痛みの強さや発生頻度が変わります。
残念ながらタリージェとリリカを含め今まで使用した薬では、視床痛が完全にゼロになることはありませんでした。
したがって薬を使って症状が軽くなったと感じても、たまたま良い天候が続いていたり、ストレスが少ない時期だったりする可能性もあり、薬の効果なのか別の要因なのか判断がとても難しく感じています。
そもそも視床痛の薬は、個人によって効き目や副作用の差が大きいものです。
内容的に少しその薬を否定している部分があるかもしれませんが、あくまでもわたし個人の主観であることに留意していただきますようお願いします。

【わたしの薬の使用量】

リリカ = 1日 50mg × 2回
タリージェ = 1日 10mg × 2回

【薬の効果】

突発的に発生する強い痛みは、リリカの方が抑えられている感じがします。
慢性的に発生している弱い痛みは、タリージェの方が若干を抑えられている感じがします。
リリカは飲んでから一定時間経過すると、薬が切れてくるのを感じました。
薬を飲む朝食前や夕食前は痛みが増えることが良くありました。

【眠気、目まい】

眠気はリリカの方が少し強いですが、わたしの容量ではリリカもタリージェも耐えられない程の眠気はありませんでした。
目まいについても、飲み始めて1週間程でなくなりました。

【その他の副作用】

タリージェは体重が増加する副作用がありました。
食欲が増すような感じはありませんでしたが、体重が一か月で1kgずつ増え続けました。
わたしの場合、これがタリージェの最大の問題です。
リリカは眠気以外の副作用は感じませんでした。

【胃への負担】

リリカの方が負担を感じました。
リリカを使っている間、睡眠時の朝方に胸のむかつきで起きてしまうことが多くありました。
タリージェも胃への負担がまったく無かったわけではありません。
どちらも胃薬を併用しながら続けました。

以上、わたしが感じたタリージェとリリカの比較です。
どちらの薬も、最高容量まで試したわけではありません。
容量を増やすと効き目や副作用の感じ方も大きく変わる可能性があります。

結局、わたしはタリージェに戻すことにしました。
リリカとタリージェを比べたら、わたしは最終的にはタリージェを選んだことになります。
これから体重増加をどうやって抑えるかが課題です。
薬

2件のコメントがあります

  1. ほたるの母さん さん

    はじめまして ワレンベルグになって1年と3ヶ月 61歳 フルタイムの仕事をやめて気楽なアルバイト のんびりと人生楽しもうとしたところの発症でした。2〜4時間/1日の仕事を終えると脳が疲れて?!グッタリのびてしまいます。視床痛も辛くプレガバリン75mg×2回/1日を10ヶ月服用しています。体重が15kg増加 しかもベローンとだらしない太り方 あーもっと早くのすけパパのブログに出会っていたら この薬注意注意してたのに〜 のすけパパ こんなぼーっとした私ですがよろしく 9月から温水プールでアクアビクスに水中ウォーキングに行ってます。プールの中はパラダイス 発症前みたいに思いっきり体を動かせますよ。

    1. のすけパパ

      こんにちは。
      ブログにお越しいただきありがとうございます。
      わたしも体重はなんとか維持しているのですが、ウエストサイズが増える現象に悩まされています。
      おかげてズボン類は買い替えになって出費がかさみます。
      ホント疲れやすい体になってしまいました。
      グッタリの状況、良くわかります。
      アクアビクス、良さそうですね。
      嚥下障害なので、プールで誤って水を飲んだときが怖いので、プールに入るのは考えてもいませんでした。
      でも検討してみようかなと思っています。
      こちらこそ、よろしくお願いしますね。

コメントを残す