新年

明けましておめでとうございます。

年末年始を病院で過ごすことになった。
この病院は365日休みなくリハビリがある。


1日でも多くリハビリを受けて、良くなりたい気持ちもはもちろんある。
でもホントは嚥下障害により食べることができないため、正月に家に戻っても楽しくないと思った。
二か月前にこの病院に転院した頃は、年内の退院も視野に入れていた。
嚥下障害も劇的な回復を見せて、普通に食事をしている予定だった。
なかなか思い通りにいかないものである。
他の患者さんも結構多くの方が病院に残られている。
入院されている方の8割ぐらいは、年末年始を病院で過ごされているそうだ。
ご家族の元に帰られれば良いのにと思ったが、ご家族が嫌がるそうだ。
悲しい現実。

リハビリは長期戦。
「焦らず、諦めず」を自分に言い聞かせ、今年もリハビリに励みたいと思う。