アンケートのお願い[クリック]

揺れる左手

二か月ほど前から左手の震えを自覚し始めた。
「震え」と言うよりは、「揺れ」の方が近い。
震えよりゆっくりと大きく揺れる。
発症後は無かった気がするが、気がついていなかったのかもしれない。


「揺れ」は普通にしているときは出ない。
こうやってキーボードを打っている時も出てこない。
ある一定のちからを入れていて、手を静止させようとすると揺れてくる。
一定のちからとは、弱くもなく強くもない中間のレベルである。
お茶碗などを持ち上げて、空中で静止させようとすると揺れてくる。
もっと強い力が必要な、重い物を持ち上げるのは大丈夫である。
力加減の微妙な調整が上手くできなくなったのか。

左手の揺れは、普段は特に困らない。
お茶碗は入っている物がこぼれるほど揺れるわけではないので、なんとかなる。
今までの揺れで困った経験は二つある。

  1. 一眼のデジカメで写真を写そうとするとき
  2. マグネット付きドライバーにネジをくっつけて、ネジ穴にネジを入れようとしたとき

一眼のデジカメは左手でカメラを支える。
カメラが揺れれば、構図が定まらないし手ブレも発生する。
ドライバーは揺れてしまうと、マグネットでくっつけているネジが外れてしまう。
どちらもマニアックな話で申し訳ない。
ドライバーは右手で持てば問題のないのだが、デジカメは左右を入れ替えることはできない。

左手が揺れる件は作業療法士にまだ相談していない。
退院後の外来リハビリでは作業療法は受けていないので、今度、機会があれば相談してみようと思う。
ひょっとするとリハビリで改善するかもしれない。

病気になってから、いろいろな症状を自覚するのだが、一喜一憂することをできるかぎりやめた。
あまり落ち込んでも仕方がないし、工夫できるものは工夫して生きて行くしかない。
病気の先輩方もいろいろと工夫されている。
先輩方の工夫を聞くと、ホントに関心することがある。
皆さん、経験の中からいろいろと工夫して乗り越えられている。
肉体は種々問題が出るが、「精神を病んではいけない」とあらためて思う今日このごろである。
左手が揺れる件も、なにか工夫ができればブログで紹介していきたい。

コメントを残す