アンケートのお願い[クリック]

潜在意識の影響

人間の潜在意識は、自分のあるゆる行動に影響を与えるそうです。
なので普段から頭に描いてることは(特に無意識に)、人生を変えてしまうことを認識しないといけません。
逆に言えば、頭のなかを自分でしっかり意識することによって、人生を変えていけるのです。


大きな病気になって、からだに障害を持ってしまうと、どうしてもネガティブな考えが頭をよぎります。
「こんな病気になって、自分はなんて不幸なことなんだろう」
無意識に考えてしまいます。
私も病院のベッドの中で何回も考えました。
これでは、頭に浮かんだだけで気分がめいってきます。
何回も何回も考えることによって、自分の潜在意識にどんどん刷り込まれます。
希望も無くなり、やる気も無くなり、家族や看護師さんにつらくあたったりします。
こんな考えではいけないことは、自分でも気が付きます。

こんな考えじゃダメだと気がつけば、今度は、
「リハビリをして、絶対に元気な頃のように戻ってやる」
と考えます。
この考えはポジティブですし、リハビリのモチベーションが湧きますから悪いとは思いません。
私もこう考えながら、半年間も入院をしてリハビリを続けました。

でも障害は元の状態には完全に戻らないこともあります。
そんな現実を受け入れなければいけない時期が、いつかは来ます。
その時に、また、
「こんな病気になって、自分はなんて不幸なことなんだろう」
に戻ってはいけないのです。
ここには絶対に戻ってはいけないのです。

今の私の頭の中は、
「こんな障害、大したことではないない。まだまだ、楽しいことをいっぱい経験するさ!」
と考えています。
毎日、毎日、考えて、潜在意識に刷り込みます。
予定していた人生と、ちょっとズレただけと思うようにします。

物事を楽観的に捉えるべきと言っているのではありません。
「いつかは宝くじが当たるさ」ではダメなのです。
自分の人生は「自分で変えて行く」、「自分が変えられる」と考えないと、いけないのではと思います。
やれることが少しだけ減ったのは事実です。
でも、やれることはまだまだあると思って、やっています。

病気をしていなければ、ひょっとしたら人生を漠然と歩いていたかもしれません。
これから充実した人生を送る、良い転機になったぐらいに考えるのも必要と感じます。

こんな景色のような気分でいられれば幸せですね。

コメントを残す