健康維持も自分への投資

私が勤務している会社も、今日は新入社員の入社式です。
私は午後から、ちょっとしたオリエンテーションを担当しました。
「社会人の心得」みたいなのを伝える役目です。


とは言っても、90分ぐらいのビデオを見てもらって、その後の質疑応答に私が対応します。
ビデオは自己啓発系で、私が得意な分野なので私がチョイスしました。
「目的や目標の立て方」
「目標に向かっての、気構えや考え方」
がテーマのビデオです。

こういった自己啓発系では、必ずと言ってよいほど健康の話がでます。
「健康の大切さ」
「健康維持の方法」
などが出てきます。
こんな体になった私にとっては、少々耳が痛い話です。

一緒にビデオを見ながら、
「こんな体になるのだったら、もっと健康に気を使っておけば……」
と、後悔してしまいます。
タバコを吸い、お酒をたくさん飲み、長時間仕事をして、運動不足で、ストレスも多くて……
どう考えても体に悪いことを続けていたなと、今更ながら反省してしまいます。

こんな体だからこそ、健康の大切さを強く訴えます。
「健康だったら何でもできる!」
と言ってしまいます。
体を大切にする話は、新人が相手でもついついチカラが入ってしまいます。

最後に新人の皆さんに、
「今まで学生で勉強はしてきたと思いますが、社会人になっても勉強を忘れないでください」
「自分への投資を心がけてください」
「年収の3%ぐらいは、自分が成長するように自分へ投資してくださ」
こんな話をしました。

そうすると、
「(トレーニング)ジムへ行くのは投資ですか?」
と質問が出たので、
「はい。健康維持はとても大切なので、それも自分への投資と思って良いです」
と、返事をしました。
厳密には成長への投資ですが、「成長も健康から」と考えているので、迷わずそう返事をしました。

新人たちが健康でしっかり成長して、そして会社を担う人材になってくれることを、心から願う一日でした。