発症二か月後の症状

発症してから二か月が過ぎた。
もう二か月も過ぎて少々焦りが出てきた。
「焦らず、焦らず」自分に言い聞かせながら、毎日を過ごしている。


【めまい】
変化なし。
普通の状態では「めまい」は発生しないが、顔を素早く動かすと軽い「めまい」が起きる。

【左顔面しびれ、温痛覚障害】
変化なし。
顔の中心が少しチクチクしたりする。

【嚥下障害】
あまり変化なし。
VF(嚥下造影検査)を行った。
VFではバルーンカテーテルにより食道入口部を広げると、ゼリーを一口か二口ぐらい飲めた。
バルーン法によるリハビリを開始。
経管栄養は毎回チューブを口から挿入し、終わったら抜くようになった。
日中の唾液の吐き出しは続いている。

【左側首から下の運動失調】
歩くことに関しては改善がかなり進んでいる。
屋内なら杖なし(フリーハンド)でも歩けるようになってきた。
屋外もロフストランドクラッチ杖なら歩くことができる(平坦な所)。
妻が立ち会えば、ロフストランドクラッチ杖で病院内は自由に歩いても良くなった。
妻がいれば廊下で自主トレができる。
その他はあまり変化なし。
目で見ないで感覚で動かすと位置がずれる。
ちから加減の制御ができず、細かい動作ができない。

【平衡感覚】
あまり変化なし。
ただし、平衡感覚がずれていることを自覚しているので、意図的に体を右に倒すように心掛ける。
普通に立ったり座ったりしている状態では、倒れるようなことは無くなった。
片足立ちがほとんどできない。

【右側首から下の温痛覚障害】
変化なし。
この病院ではお風呂で湯船につかることができる。
湯船につかると、体の左半分は正常だが、右半分はお湯と感じずプールに入っているような感じになる。
お風呂に入って気持ち良いとは言えない。

【異常感覚】
右側の手のひらと足の裏に火照りを感じる。
火照りはこの病院に移ったぐらいから感じ始めた。
右の手足を触ってみるが、左より冷たいぐらいだ。
脳梗塞からの異常感覚(異常知覚)と思われる。