イラつく痒み

1週間程前から左顔面のおでこや鼻の痒みが気になる。
左顔面は温痛覚障害が出ている部分。
温痛覚障害が出ている部分でも、痒みは感じる。
痒みは他の感覚と違って「イラつく」。


温痛覚障害は温度と痛みを感じない。
毛を抜かれても、尖った物で突っついても痛みは感じない。
だが痒みは感じる。
痒み自体は普通の痒みだ。
今のところ、特に激しい痒みではない。
問題は温痛覚障害の部分に痒みが現れていることだ。

温痛覚障害なので爪を立てて皮膚をかいても、そもそも痛みを感じない。
かいたら痒みが消えるのは、痛みで痒みを打ち消しているからと私は考える。
その打ち消すべき痛みを感じない。
だから温痛覚障害部分はかいても痒みは消えない。

幸いなことに痒み止めは効く。
痒くなれば痒み止めを塗って、痒みを抑えることができる。
また痒みは皮膚の乾燥によって発生することが多いらしい。
この季節に皮膚が痒くなりやすいのは、皮膚が乾燥するからだ。
風呂上がりにローションを塗って、皮膚の乾燥を防いでいる。
多少は効果が出始めた気がする。

ローションや痒み止めが塗れない場所がある。
鼻の穴の内側の皮膚である。
左の鼻の穴は温痛覚障害であり、かいても何も感じない。
ここが痒くなると、どうにもできない。

他の感覚と違って、痒みは治まらないとイライラしてくる。
痛みもつらいが、痒みはストレスがたまる。
この季節、寝ようと布団の中に入ると体が暖まって痒くなりやすい。
寝る前に痒みが発生すると気になって寝れなくなる。
イライラすると余計に痒くなる感じがする。
何とかして欲しい。
寝る時ぐらいは、病気のことを忘れて眠りに就きたい。