アンケートのお願い[クリック]

異常感覚

ワレンベルグ症候群により温痛覚障害が発生した。
温痛覚障害が発生した部分は、温度覚と痛覚を失った。
感覚を失うとは、感じなくなることである。
だが、感じなくなっただけではなかった。


延髄の梗塞により、脳と体をつなぐ神経の一部が切れた。
脳へ神経信号が伝わらないだけでなく、神経信号を脳が誤って認識することも発生するようだ。
誤って認識することにより、異常な感覚を脳が感じてしまう。
私が現在感じている異常感覚は以下のとおりである。

(1) 左側顔面の痛み

慢性的なしびれの他、ときどき次の様な痛みを感じる。
針で刺すような「チクチク」した痛み。
電気が流れるような「ビリビリ」した痛み。
輪ゴムで弾くようなな突発的で瞬間的な痛み。

(2) 左側顔面の冷えた感覚

霧吹きで水を振りかけたような独特の感覚。
体温が下がったような冷えた感覚(慢性的)。

(3) 右側手足の先の火照り

冷水に浸した後のような火照った感覚(慢性的)。
だが手は体温を失ったように冷たい。

(4) 右側半身の過敏な温度覚

冷たい物に触れると過敏に刺激が伝わる。
痛い程ではないが「ビクッ」っとする。

温痛覚障害で失った感覚は、感じなくなっただけなので普段はあまり意識することはない。
(意識できないのは、それはそれで問題なのだが。)
なので睡眠などが邪魔されることはない。
だが異常感覚は状況に関係なく感じる。
幸いなことに、異常感覚で寝れなくなったり、集中力が低下したりするほどではない。
これ以上酷くなると治療を考えなければならない。
冷えた感覚や火照りは、気温に関係していると思われる。
まだ夏を経験していないので、暖かくなるとどう変化するかは分からない。

異常感覚の内、痛みに関しては「視床痛」と言う。
視床痛は特効薬がないらしく、色々と試して合う薬を探すしかないらしい。
入院中に薬を試してみるのも手と言うことで、医師と相談中である。
とにかく視床痛に関しては酷くならないことを願うしかない。

コメントを残す