手術終了

ドラマのように看護師から名前を呼びかけられて、目を覚ましたのかは分からない。
とにかく寒くて、体がガタガタと震えていることに気づいた。
自分は手術を受けていて、全身麻酔から覚めたことを「ぼんやり」と自覚した。
「麻酔からは無事戻ってきたんだ」と思った。


「寒いですか?、もうすぐ温まりますから」
看護師の声が聞こえる。
しばらくすると、体の左側は電気毛布のようなもので温められていることがわかる。
だが右側は暖かくない。
「なんで半分だけなんだよ」と頭の中で文句を言っていた。
この手術によって、いろいろな障害が全部改善するかのような錯覚をしていた。
体の右側は温痛覚障害であることを思い出した。
手術は嚥下障害を改善するためで、他の障害は何も変わらないことに気がついた。
右側が暖かくないことを納得した。

病室に戻ってきた。
妻と実兄が待っていた。
手術のために、兄が大阪から駆けつけてくれた。
こういうときは、男の家族がいてくれると心強い。

のどが痛い。
痛みの強さは、風邪をひいてのどが痛い時の十倍ぐらいか。
唾液は飲み込めないので吐き出す。
血の塊でレバーのような感じのものが口から出る。
当分、のどからの血の処理と痛みとの戦いだ。

のどが腫れているのか、声が出しづらくて話せない。
それでも妻に「こんな体になってゴメンね」としぼり出していった。
今まで何回かいったけど、また心配と苦労をかけている妻にどうしてもいいたかった。
これ以上は話すのは無理なので筆談に変えた。
「治ったら何を食べに行きたい?」
私が妻に質問したことだ。
この病気になってから外食に行っていない。
「焼き牡蠣が食べたい」
妻は牡蠣が好物で、牡蠣が食べれる季節だ。
季節になると、よく食べに行っていたお店があった。
なんとか牡蠣がおいしい時期に退院して、妻と食べに行きたい。

『手術終了』へのコメント

  1. 名前:さかどくん 投稿日:2014/12/05(金) 22:57:33 ID:589fc6ab0 返信

    焼き牡蠣いいですね(^^)/
    後、4ヵ月くらいは食べられますね。
    楽しみですね。リハビリが早く終われば良いですね(^o^)

    • 名前:のすけパパ 投稿日:2017/08/08(火) 15:51:06 ID:d4dc2135a 返信

      楽しみです。
      食べれない苦しみは、言葉では表現しきれないぐらいです。