アンケートのお願い[クリック]

薬がはじまりました

前回、急激に視床痛が悪化したことを書きました。
睡眠中に痛みで目覚めるのは始めての経験で、自分でもかなり動揺しました。
二晩連続で睡眠中の痛みに襲われたので、あわてて病院に行くことにしました。
薬を出してもらうことを覚悟して病院へ向かいました。

視床痛の薬を使うか否かは、今まで医師と幾度となく話し合ってきました。
そのたびに薬を使わないことを選択しました。
わたしは嚥下障害で薬を飲むことが困難なので、飲み薬は避けたい思いがあります。
それよりも気になるのは、薬の副作用です。
視床痛の薬は脳の働きを鎮めるように作用するため、副作用として強い眠気が起きます。
患者は視床痛を抑える効果と眠気の副作用を、天秤にかけることになります。
その結果、あまりに強い眠気から薬をやめる方も多いと聞きます。
このようなことから、視床痛については薬を飲むことを避けてきた経緯があります。
もっとも今から思えば、薬を我慢できる程度の痛みだったと言えます。
それが今回は病院に飛んで行きたいような痛みを体験しました。
だから薬を出してもらうことを覚悟したのです。

月曜日に病院に行ってきました。
私の担当の先生は外来が火曜日のみなので、月曜日は違う先生です。
担当の先生ではないので、病状を一から説明をしなければいけないかと頭の中で準備をしていました。
診察室に入ると、比較的若い先生でした。
もちろん、初めてお会いする先生です。
睡眠中に痛みで目覚めたことを話しました。
「カルテに治療方針がかなり細かく示されているとのことで、それに合わせて薬を出します」とのことです。
先生の口ぶりが少し驚いているように感じたので、相当に細かくカルテに示されていたのだろうと思います。
いつもの担当の先生に感謝です。

薬は「トリプタノール」でした。
抗うつ剤の一種です。
視床痛の治療薬では「リリカ」の知名度が高いです。
ついに「リリカ」を経験するのかと思いましたが、ちがう薬でした(ちょっと残念)。
とりあえずは眠前に10mgからスタートです。
トリプタノール

薬を飲み始めて、そろそろ一週間が過ぎます。
今は睡眠中に痛みで目覚めるようなことは発生していません。
薬の効果だとするなら、あまりに効き目が早く出ている気がするので、たまたま痛みが出ていないだけなのかもしれません。
効果に関しては半月程度過ぎてからの判断と考えています。
逆に副作用の方はハッキリと自覚しています。
飲み始めてから、とにかく午前中は眠いです。
会社のデスクで気を抜くと、「うとっ」と落ちてしまいます。
しかし強烈と言うほどの眠気ではありません。
寝不足の日のような感じです。

視床痛は合う薬(効く薬)と出会うのが大変と聞きます。
この薬がわたしに合って、効果があることを祈るばかりです。
睡眠中に痛みで目覚めることを何回か経験すると、眠ることがホント怖くなってしまい精神衛生上も良くないですね。

4件のコメントがあります

  1. レオンありがとう。 さん

    こんにちは、トリプタノールを始められるのですね。私もペインクリニックに通っていた時出してもらいましたが、効きませんでした、個人差の強い症状なのでのすけパパさんには効くかもしれません、私はタリージェを飲んで楽になりましたが確かに副作用が強いです。眠くて堪りませんしかし、痛いよりはいいので、職場には理解してもらっています。あとは各自の考え次第ですね。
    トリプタノールが効くのを祈っています。

    1. のすけパパ

      こんにちは
      ご心配いただきありがとうございます。
      視床痛の治療薬には個人差が激しいので、どの薬が効くかはとにかく試してみるしかないですね。
      病院に行った時にタリージェの話も出ましたので、次はタリージェかもしれません。
      現状、トリプタノールは残念ながら効いている感じはしません。
      もう少し様子をみることにします。

  2. 直ちゃんスマイル さん

    お久しぶりです。
    その後、視床痛の薬の利き目は、いかがですか?私は、年々目の周辺の視床痛が酷くなってますが、まだ薬飲まずに我慢出来ます。
    花粉症も重なり、うっと惜しい毎日です。
    コロナ感染も、心配ですね。

    1. のすけパパ

      こんばんは
      薬の効き目は微妙な感じですね。
      痛みの頻度は少し下がっているのですが、それが薬の効果なのか判断しずらいです。
      私も顔面、目の周辺が一番痛いですね。
      この病気になって体力はすごく落ちているので、コロナは注意しないといけないですね。
      とにかく不要な外出を避けることと、手を良く洗うことぐらいしか対策はないのですが。

コメントを残す